文化財の詳細情報

生島足島神社歌舞伎舞台

生島足島神社の境内に、切妻造〔きりづまづくり〕、桟瓦葺〔さんがわらぶき〕の歌舞伎舞台があります。舞台の位置は摂社諏訪社本殿に向かってその左側で、ほぼ真南を正面として建っています。前面の広い空地が観客席として利用されています。記録・棟札等は発見されていませんが、氏子の伝承では明治元年(1868)に建設されたといわれています。また、明治7年より同17年まで小学校として利用され、その後、集会場や直会〔なおらい〕殿として利用されてきました。昭和61年に修理工事がおこなわれ、当初のように回舞台〔まわりぶたい〕や大夫座〔たゆうざ〕などを備えた舞台に復元されました。

舞台の規模は間口九間(約16m)、奥行六間半(約12m)と非常に大きく、県内の現存する歌舞伎舞台では最大の規模を持っています。舞台の正面の左右には、大夫座と下座が設けられ、その前面を窓としています。この部分の壁面は少し内側に向くように作られており、そのため左右両端の柱は1.5尺(約45cm)、前方に出ています。小屋組は表側を「せがい造」にして屋根を前方に持ち出し、内部は天井を張らず、松材を縦横に組んだ梁組をみせています。

内部は、左側に一間幅の土間があり、奈落に入る階段がついています。舞台のほぼ中央に直径約一五尺(約4.5m)の回舞台があります。また、回舞台前方の二カ所に「せり」が設けられています。そのほか、舞台背面には幅二間の遠見〔とおみ〕とよばれる窓がありますが、これも舞台装置の一つです。

県宝 建造物
昭和61・8・25
所在地
下之郷701
所有者
生島足島神社
明治元年

文化財の写真(クリックで拡大します)

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード