文化財の詳細情報

旧上田市立図書館

この建物は、大正2年(1913)に、上田男子小学校同窓会が一般市民の寄付を集め、同4年に明治記念館として建設したものです(『上田小県誌』)。この明治記念館は、当初から図書館として作られたもので、大正12年に市に寄付され、上田市立図書館として昭和45年(1970)まで使われていました。その後、市役所分室となり、60年7月からは石井鶴三美術館となっています。

建物の外観は、明治期の建築にはみられない新しい表現を取っており、長野県を代表する大正期の近代建築といえるでしょう。特徴は、壁面も屋根も凹凸が少なく、きわめてあっさりと仕上げている点にあります。軒の出を小さくして、軒がないように納め、そこから上に続く屋根をマンサード屋根として壁面と屋根があたかも一続きのようにみせています。

壁面は基本的には下見板〔したみいた〕張りとなっていますが、上下の窓の間にはパネル状の装飾が取り付けられています。このパネル状の装飾は、19世紀末から20世紀初頭に隆盛したアール・ヌーヴォー様式の流れを汲〔く〕んだ意匠となっています。

流れるような自由曲線を特徴とするアール・ヌーヴォーの影響をとどめる建築は県内では少なく、旧上田市立図書館はその代表的な建築といえるでしょう。また、壁面を上下の水平部分と壁・窓の垂直部分という単純な構成に分け、それぞれの境界線を枠で仕切っていますが、このように面を線によって分割する意匠や、滑らかな壁面処理もアール・ヌーヴォーの影響といっていいでしよう。アール・ヌーヴォー様式も国によってさまざまな表現がありますが、旧上田市立図書館の場合はマンサード屋根の曲線や長楕円形の装飾などからドイツ系のアール・ヌーヴォーの影響を受けた建築と考えられています。

市指定 建造物
平成5.2.3
所在地
大手2-8-2
所有者
上田市
大正2年

文化財の写真(クリックで拡大します)

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード