文化財の詳細情報

上田藩主居館表門ほか

現在の上田高校の敷地は、そっくりかつての藩主(城主)屋敷の跡にあたります。同校東側の表門と、その両脇〔わき〕につづく土塀〔どべい〕・濠〔ほり〕・土塁〔どるい〕は、昔の面影〔おもかげ〕をよくとどめていて、上田市の文化財に指定されています。

慶長五年(1600)の関ヶ原合戦のあと、真田昌辛〔まさゆき〕の築いた上田城は取りこわされたため、跡を継いだ真田信之〔のぶゆき〕はここに居館を構〔かま〕えました。その後、上田藩主は仙石〔せんごく〕氏、松平〔まつだいら〕氏とかわり、上田城も復興されました。しかし、藩主邸はそのままで移転せず明治維新にまで至っています。

濠と土塁は真田氏のときからのものと考えられます(ただし、水際〔ぎわ〕の石垣は最近のもの)。また、土塀については意外に新しく、それまでの竹の矢来〔やらい〕(柵)にかえて幕末の文久三年(1863)に、建てられています。

表門は寛政元年(1789)に焼失したあと、その翌年に再建されたものです。前面に四本の太い柱(親柱〔おやばしら〕)が並び、中央に大扉〔とびら〕を釣り、左右には潜〔くぐ〕り戸が付いています。後ろ側は左右の控え柱を通し梁〔はり〕でつないでいます。これは薬医門〔やくいもん〕といわれる形式で、普通の門では親柱が棟〔むね〕の真下に立っているのに対し、その少し前に親柱が立ち、控え柱が後方にあるのが特徴です。

城主の御殿〔ごてん〕は一般には城の本丸に設けられています。しかし、上田城の場合は特殊な歴史的事情があり、三の丸とはいえ城の中心部からだいぶ離れた、この地に置かれたものです。

それにしてもこの屋敷は、藩政の中心施設である藩庁でもあり、実質的な上田城の本丸でもあったのです。この表門などは、その貴重な建築・史跡として、特に大切に保護していきたいものです。

市指定 建造物
昭和44・5・9
所在地
大手1-4-32
所有者
長野県
寛政元年

文化財の写真(クリックで拡大します)

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード