文化財の詳細情報

依水館

依水館は、大正7年(1918)6月、製糸結社・依田社により建てられた迎賓館施設です。戦中戦後と個人の手に渡り住宅として使用されましたが、平成14年11月に丸子町が土地と共に取得しました。

平成15年12月には、築後87年を経過したこの建物が、造形の規範となっているものとして、国の登録有形文化財に登録され、平成17年3月には公開施設として活用するため、主屋の生活部分(脱衣・風呂・勝手・洗面等)約70平方メートルを取り壊し、勝手と公衆トイレを設置しました。

平成18年1月、丸子の製糸業の史跡としての意味を兼ねて、すでに取り壊された生活部分を除く客殿と玄関部分(222.27平方メートル)が丸子町有形文化財に指定されました。

その後、平成18年3月6日の合併に伴い、上田市有形文化財となっています。依水館は、木造、平屋建、L字型の平面形をしており、かぎ型に折れた部分に入母屋造の玄関がついています。屋根は桟瓦葺、下屋は鉄板葺で、廊下廻りはガラスを多用しています。座敷は、床・棚・付書院などを備えた端正なつくりで、窓や欄間なども凝って作られています。全体に大正時代の建物の特徴をよく示しています。

依水館が建築された大正7年、依田社は、4,500釜、100,000貫の生糸出荷量を記録しており、丸子の製糸業は全盛期を迎えていました。

大正12年(1923)4月、当時最大の生糸輸出国であったアメリカの絹業協会派遣のゴールド・スミスら一行が丸子を訪れ、工場を視察した際に依水館で接待した記録が残っています。依田川の清流を眼下にし、丸子の移り変わりを見届けてきた依水館は、丸子の近代化を後世に伝える数少ない文化遺産といえましょう。

上田市有形文化財
平成18・1・27
所在地
上丸子字荒井村1920
所有者
上田市
大正7年

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード