文化財の詳細情報

生島足島神社本殿内殿


外陣

生島足島神社の歴史は古く、平安時代初期にまとめられた延喜式に「生島足島神社二座名神大」と載っています。中世未期以降には、「下之郷大明神」「諏方法性大明神」などと呼ばれ、武田氏や歴代上田藩主の保護を受けてきました。寛政十一年(1799)に社名を生島足島神社に改めました。境内には、池に囲まれた小島の上に、昭和16年に建てられた本社が正面を北側に向けて建ち、それに向かい合うように摂社諏訪社本殿が建っています。

この諏訪神が、毎年秋から春にかけて生島足島神社の籠殿〔こもりでん〕へ移り、毎夜ご飯を炊き、自ら生島足島神にご飯を差し上げる儀式があります。「お籠〔こも〕り祭」とよばれる重要な儀式です。その「お籠り祭」の神事が内殿でおこなわれます。内殿は現本殿の内部にある旧本殿の建物のことです。そこで行われる御籠り祭の神事が神秘のこととされているので、内殿の建築形態については一般に知られていませんでした。平成3年に専門的な調査が行われ、今まで知られていなかった重要なことが判明しました。

  • 当初は向拝があった。
  • 正面中央柱間に窓があった。
  • 内陣・外陣境に間〔ま〕仕切りがあった。
  • 内陣・外陣ともに土間であった。
  • 二次工事で正面側に幣殿〔へいでん〕が取りついた。


妻飾り

江戸中期に作成された生島足島神社古図をみると、西側に向拝があり、正面側に幣殿が接続している様子が示されており、当時は上屋はなく、屋根は切妻造であったことがわかります。内殿は、様式手法から16世紀前 - 中期の建設と推定されます。

内殿は、妻入りで二室の空間に分かれている点、神事のときに神官が本殿内で奉仕する点などは、大嘗祭〔だいじようさい〕・新嘗祭〔にいなめさい〕など宮中に伝わる神事に通じるところがあり、神社本殿の古い形式を伝えた建物と考えることができます。



切り取られた木鼻・組物


内殿 鳥瞰図


内殿 復原平面図

県宝 建造物
平成10・10・26
所在地
下之郷701
所有者
生島足島神社
天文年間

文化財の写真(クリックで拡大します)

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード