仙石秀久着用具足

 仙石家に伝来した甲冑で、秀久所用と伝わり、製作年代も桃山時代より江戸時代初期と考証されている。総体的に黒色小札〔こざね〕を、紺糸で縅〔おど〕した見事な作品。兜〔かぶと〕は上端を折りまげて、縄で束ねた藁〔わら〕の編み笠(帽子)をかたどった珍しい形をし、歯朶〔しだ〕の脇立〔わきだて〕を立てている。櫃〔ひつ〕には、仙石家家紋の永楽銭紋が描かれている。
上田市指定文化財。(当館蔵)

仙石秀久所用の鞍〔くら〕

永楽銭紋を散らしてあり、秀久所用と伝わる。仙石家旧蔵品。
(兵庫県 豊岡市教育委員会蔵)