文化財の詳細情報

弘長三年光明寺建立碑

真田区長谷寺の奥の谷、字旗見原にある「岩井観音堂」と称する岩窟内で昭和38年(1963)に発見された。

弘長3年(1263)、了然という桑門(僧侶)が光明寺を建立したという内容の碑で、碑の上部、径20cmの円相の中に刻まれた梵字は、白山大権現の本地仏である十一面観音をあらわしている。

白山信仰にかかわる鎌倉時代唯一の資料として貴重である。

市指定 史跡
昭和58・3・7
所在地
真田町長 真田
所有者
長谷寺
弘長3年

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード