文化財の詳細情報

妙見寺の掌善掌悪の碑

この碑は、妙見寺の旧参道入口に左右一対あり、向かって右が「掌 善」、左が「掌 悪」と刻まれ、あたかも仁王尊のごとく立っている。

自然の姿も残したこの碑は、高さ158cm、幅50cm、暑さ35cmのほぼ直方体で、「宝暦7年(宝暦7年は西暦1757年)11月28日」と建立年月日が刻まれており、当寺中興開山祐明以来18世弘州の代のものである。

この様な石碑は上小地方でもあまり見られない珍しいものである。

市指定有形文化財 石造物
平成6・3・18
所在地
下武石 妙見寺境内
所有者
妙見寺
宝暦7年

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード