文化財の詳細情報

正念寺の石幢

墓地の入口にあり、高さ1.5mの幢身には「寛文4年 卯庚(うこう)年 月山春貞信士 二月二日 俗名大石角弥」と寄進者名が刻まれている。

また、石幢に彫られている六地蔵は無垢(むく)で穏和な姿をしている。

上小地方にはこのような時代の古い石幢は少なく、貴重なものとされている。

市指定有形文化財 石造物
平成6・3・18
所在地
下武石
所有者
正念寺
寛文4年

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真