文化財の詳細情報

小寺尾の踊念佛供養塔

供養塔は縦165cm、横36cm、厚さ30cmの角柱で、県下でも最大規模と言われている。

供養塔の由来

天明期は気候が不順で凶作がつづいた上、浅間山の大噴火があり、村人達は祖先の伝えてきた踊念仏を上州沼田に譲り渡してしまった崇(たた)りと考えた。

そこで、天明3年に踊念仏供養塔を建立し、八十八夜の日を祭日とし供養するようになり、今日に至っている。

石造物
 
所在地
武石上本入上小寺尾
所有者
上小寺尾区
天明3年

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真