文化財の詳細情報

辰ノ口高塚

高塚は細長く連なる内村谷の入口、辰の口集落下町地籍にあります。直径約8m、高さ4.5mの円墳(えんふん)で、古墳時代後期につくられたものです。いつ頃発掘されたのかわかりませんが、横穴式石室は南側噴丘(ふんきゅう)面に入口があります。石室内の遺物はいっさい失われていますが、このような円墳が、完全に近い姿で残されているのは、古墳研究の大へん貴重な資料といえます。

依田川流域で一番上流にある古墳は丸子町腰越(こしごえ)の長者穴(ちょうじゃあな)古墳ですが、この高塚も内村川流域では最も上流にある古墳です。

市指定 史跡
昭和45・1・1
所在地
東内字下町194-3
所有者
青木一之
古墳時代後期