文化財の詳細情報

菅平唐沢岩陰遺跡

菅平の集落に入る手前で、右手に見えるのが唐沢の滝で、この滝のすぐ隣に唐沢岩陰遺跡がある。

大洞川と唐沢川の合流点に近い、標高約1,200mに位置する大きな岩陰に、縄文から古墳時代の人々の生活の痕跡が残っていた。岩陰の大きさは間口幅約15m、奥行約2m、高さは約3mある。

地元菅平の小宮山茂樹氏らが岩陰から土器や石器を採集し、古くからの遺跡であることが知られていた。昭和38年(1963)に国学院大学の永峯光一氏、樋口昇一氏が中心となって発掘調査を行い、たくさんの弥生土器のほか、縄文土器や石器、また、内陸部では出土例が少ない骨角器(骨や角、牙で作ったやじりなど)が出土し、当時、全国的にも注目された遺跡である。

県史跡 史跡
昭和48・3・12
所在地
菅平高原
所有者
上田市ほか
縄文〜古墳時代

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード