文化財の詳細情報

根小屋城跡

沢をはさんだ二つの岩山に「高い城」と「低い城」があり、この二つの城で一つの城郭を構える山城である。このような複郭の城跡は町内ではここだけであり、特異な城跡といえる。

里伝によると、天文年間には村上氏の支城であったといわれる。その後、武田晴信の家臣山県昌景(やまがたまさかげ)の組下であった大熊備前守朝秀(おおくまびぜんのかみともひで)の居城になり、武田氏滅亡後は真田氏の家臣となっている。

市指定 史跡
昭和47・4・1
所在地
真田町傍陽 曲尾
所有者
 
天文年間