文化財の詳細情報

南方荒野びゃくしん

「ビャクシン」とはヒノキ科の「イブキ」のことです。北海道を除く全国に分布する常緑の針葉樹で15〜20mの高木となります。南方区荒野地籍にあるこのビャクシンは、2本の大木が並んであるところから「夫婦(めおと)ビャクシン」とも呼ばれています。夫にたとえられているものは目の高さの幹の太さ約2.4m、妻にたとえられているものは1.6mあり、樹の高さは双方とも30mはあろうと思われます。このようなビャクシンの大木は依田窪地方では極めて珍しく、しかも2本並んである点は貴重です。

市指定 天然記念物
昭和55・4・26
所在地
塩川816
所有者
吉池善一