文化財の詳細情報

枕状溶岩露出地

東内虚空蔵(こくぞう)、堺橋付近の内村川左岸にあり、高さ数mの崖(がけ)に円形または楕円(だえん)形で直径1〜1.5mの枕状溶岩(まくらじょうようがん)が数十個の断面をあらわしているようすはじつに見事です。岩質は黒味をおびた変質玄武(げんぶ)岩で、枕を重ねたようにみえるところからこのように呼ばれ、また俵(たわら)状溶岩とも呼ばれて、学術・教育上価値の高いものです。

海中で溶岩が急冷するおりにできたものと考えられており、内村地区では他に、鹿教湯(かけゆ)西方500m地点の内村川右岸、戸羽(とば)集落南方の内村川左岸、新屋(あらや)集落南西500m地点の内村川左・右岸、霊泉寺(れいせんじ)温泉下流500m地点の霊泉寺川河床でもみることができます。

これはこの地方が古くは海中であったこを物語るものです。

市指定 天然記念物
昭和43・3・1
所在地
東内字西畑付近一帯
所有者
上田建設事務所