文化財の詳細情報

穴沢弾正塚の一本松

傍陽穴沢区の半田淳氏宅の横にあり、弾正塚を守るかのように市指定文化財の宝篋印塔(応永十年銘)の背後に聳え立っている。

塔の創建時に植えられたものと思われ、目通り周囲が4.25m、樹高約20m、枝張り東西約27m、南北約20m、樹齢約500年と推定されているアカマツで樹勢は旺盛である。

上田市殿城の岩谷堂観音の松も同じ位の大きさであったが、昭和34年(1959)8月14日の台風で損傷し、伐採されてしまったため、この一本松は上田小県地方のアカマツの大木としては、得がたい存在である。

市指定 天然記念物
昭和47・4・1
所在地
真田町傍陽 穴沢
所有者
半田清重・荻原活信ほか