文化財の詳細情報

大宮諏訪神社のサワラの木

山地に自生する常緑喬木で、葉はヒノキに似ているが鱗片が尖っている。

樹齢約450年と推定されるこのサワラの大木は28mの樹高を誇っていたが、台風により頂部にき裂が生じ、危険なため上部を切ってしまった。

七ヶの入口という位置から、別れの一本杉ならぬ、一本サワラとして村人から親しまれて来た。

目通りの幹まわり4.6m樹高14m(現在)

市天然記念物 天然記念物
昭和47・4・27
所在地
下武石大宮諏訪社鳥居脇
所有者
大宮諏訪社氏子総代会
 

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード