文化財の詳細情報

荒神宮本殿

荒神宮は諏訪形の千曲川のそばに建立されています。荒神という神様は一般に、家内安全・火の神・かまどの神とされていますが、木曽義仲の守り神ともいわれています。義仲が依田城(丸子町)に兵をあげ、平家を滅〔ほろぼ〕す戦いに出るとき、家来の今井兼平〔かねひら〕の子を、この荒神宮につかわして勝利を祈らせたり、巴御前〔ともえごぜん〕が義仲の幼君を守って、ここにかくれ住んだとも伝えられています。

覆屋〔おおいや〕で囲まれた本殿は、すべてケヤキ材が用いられています。特に彫刻は大胆〔だいたん〕にして華麗〔かれい〕、柱の上は竜・獅子・象などでうめつくされ、軒先には大きな鳳凰〔ほうおう〕が飾られ、東西の脇障子〔わきしょうじ〕・壁面には中国の物語が美しく表わされています。

この本殿を造った大工棟梁は、江戸末期を中心に活躍した上田市国分〔こくぶ〕出身の竹内八十吉〔やそきち〕です(*)。建築を請負〔うけお〕った八十吉の請負証書(*)や棟札〔むねふだ〕の墨書〔ぼくしょ〕から、安政四年(1857)に請け負って文久三年(1863)に棟上げがされました。八十吉は上田市内にも数々の名作を残していますが、荒神宮や太郎山神社の彫刻は、最もすばらしい出来ばえといわれています。

市指定 建造物
昭和43.4.25
所在地
諏訪形466
所有者
荒神宮
文久3年

文化財の写真(クリックで拡大します)

パノラマムービー

 

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード