文化財の詳細情報

霊泉寺五輪塔

霊泉寺本堂の西側、歴代住職の墓地の中央にあり、依田窪(よだくぼ)地方の中世の五輪塔のなかでただ一つ完全な形をもつものです。総高145cmで、地輪は竹の花五輪塔(59ページを見てください)にくらべて6cmほど高く、水輪はやや下(しも)ふくらみに造られており梵字(ぼんじ)や円相(えんそう)は彫刻されていません。火輪の屋根はゆるやかな反(そ)りをみせる曲線であり、風・空輪は円形で、古い様式を示しています。

これらのことから、鎌倉時代の末期〜室町時代の初期頃の様式をもつ五輪塔で、今のところ上田・小県地方では、上田原・舞田(まいた)・竹の花の五輪塔につぐ古さをもったものと考えられています。

五輪塔のある位置は、不開門(あかずのもん)、明治10年に焼失した阿弥陀堂(あみだどう)と一直線上にあるのをみても、阿弥陀如来像を造った、平朝臣繁長(たいらのあそんしげなが)にゆかりのあるものとも推定されます。

市指定 石造物
昭和45・1・1
所在地
平井字唐沢口2541-ロ
霊泉寺境内墓地
所有者
霊泉寺
鎌倉時代の末期〜
室町時代の初期

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード