文化財の詳細情報

竹の花五輪塔

丸子北中学校の北方約150m、水田地帯の一角に立っています。

竹の花は「館(たて)の端(はな)」の意味で、土豪(どごう)の居館地につけられる地名といわれています。この付近からは縄文時代の遺物や多数の布目瓦(寺や居館などに使用された布目跡のある古瓦)等も出土しています。

この五輪塔付近は以前八幡神社が祭られていましたが、大正の中頃現在の飯沼神社に合祀され、境内だけが残っていました。そこを開墾したところ、写真で見るような立派な五輪塔が出土しました。

総高139cmの大型の五輪塔で、地輪の上部中央には直径22cm、深さ13cmの穴がていねいに掘られています。水輪には四面に梵字(ばんじ)のあとがかすかに認められます。火輪は軒口(のきぐち)は垂直に近い切り口と思われますが、磨滅していてはっきりしません。風・空輪は団形となっています。

各輪の様式から鎌倉時代中期をくだらない特徴を持っています。上田・小県地方では県宝に指定されている中塩田舞田の「金王(こんのう)五輪塔」にもっとも近い、屈指の名塔ということができます。

市指定 石造物
昭和45・1・1
所在地
生田3347
所有者
成沢しげ子
鎌倉時代中期

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード