文化財の詳細情報

中原宝篋印塔

塔身の刻銘は、長い年月の間に摩滅がすすみ、現在はほとんど読みとりが困難であるが、過去の記録および町誌編纂時の調査によると、「大檀那道教」、「大工○(景)清」、「貞治二年癸卯七月十四日」もしくは「貞治五年丙午七月廿四日」の刻文が見てとれる。

これらから、実相院の宝篋印塔とほぼ同じころである貞治2年(1363)もしくは貞治5年(1366)に、道教と称する人物が願主となって、大工○(景)清が製作したことがわかるが、実相院同様その造立の目的の確かな根拠は不明である。

市指定有形文化財 石造物
昭和47・4・1
所在地
真田町本原 中原
所有者
中原区
貞治2年(1363)もしくは
貞治5年(1366)

文化財の写真(クリックで拡大します)

文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真文化財の写真

パノラマムービー

Apple QuickTime Playerがインストールされている環境では、上下左右360度のパノラマムービーをご覧になれます。一般には公開されていない建造物の内部なども見ることができますので、ぜひQuickTime Playerをインストールして、貴重なパノラマ映像をお楽しみ下さい。

QuickTime Playerのダウンロード