赤松小三郎赤松小三郎

赤松小三郎ヒストリー 赤松小三郎没後 History of Kosaburou Akamatsu

赤松小三郎没後

 赤松小三郎と妻たかとの間には子供がなく、小三郎が暗殺されたことで上田藩の規則により、赤松家は断絶になりました。
小三郎の死及び遺族の処置について、上田藩御徒士目付日記に記載されています。

慶応三年九月二十三日の條々
赤松小三郎京都五條通り下ル三丁目於和泉町何方之者哉不相分帯刀致候者に被討果云々
同十二月二十二日の條々
小三郎養母儀佐久郡崎田村郷士里見忠右衛門方へ、同人妻儀松代御家中白川久之允か方へ、夫々當分の内差遣し置候旨芦田柔太郎より届出

明治39年5月21日信濃毎日新聞 明治39年5月12日信濃毎日新聞 出典:信濃毎日新聞

拡大図を見る

 明治39年5月10日上田の飯島七郎兵衛は知己の伊東祐亨元師海軍大将を上田に招きました。伊東は東郷平八郎海軍大将と上村彦之丞海軍中将の二人を伴って上田を訪れました。
伊東、東郷、上村の三将軍は上野駅から列車で上田駅に到着し、上田町民に歓迎される中、飯嶋七郎兵衛宅へ入りました。三将軍の歓迎晩餐会が催された折、上村中将と東郷大将が赤松小三郎の塾で学んでいたことが分かり、地元の新聞でも大きく取り上げ、上田町民は驚きました。
明治39年5月11日、三将軍は朝7時頃出発。信濃国分寺で松の記念植樹を行い、伊東元帥が「鎮国道場」と「国光輝異域」を筆で書き、東郷大将は「武徳震遐方」を筆で書き残しました。
のちに「鎮国道場」は額に納めて信濃国分寺に飾られ、「国光輝異域」「武徳震遐方」は五反幟で信濃国分寺のお祭り「八日堂縁日」に境内入り口で掲げられます。

信濃国分寺にて
鎮国道場

 三将軍一行は、大屋の橋を渡り、依田川のつけば漁を見学して、川魚を賞味しました。帰りに羽織袴の船頭が漕ぐ小舟に乗り千曲川を渡りました。その際、伊東元帥が「この舟は三将軍を乗せたのだから大きな軍艦よりも偉いのじゃ」と言ったことが当時の新聞に掲載されました。

三将軍が乗った舟

 午前11時、三将軍一行は、上田城跡公園で記念植樹・記念撮影、常田獅子の観覧の後、明倫堂の大宴会に出席しました。
午後3時、明倫堂を後にして、上田男子尋常小学校・上田中学校と回り、午後9時に飯嶋邸へ戻り宿泊しました。

上田城本丸にて 出典:赤松小三郎顕彰会

 明治39年5月12日、赤松小三郎の家系の芦田諧氏等数名が三将軍に接見しました。東郷大将・上村中将はとても喜び当時のさまざまお話をされて、弔祭料を贈られました。
午前9時から小県蚕業学校、上田中学校、上田高等女学校で記念植樹を行い、午餐として上田橋畔のつけばで鮠(ハヤ)料理を味わいました。
その後、三将軍は上田駅から列車で篠ノ井へ向かいました。

「贈従五位」の位記 出典:上田市立博物館

拡大図を見る

大正13年(1924)2月11日、国への貢献に対する功績を称え、「故赤松小三郎」に「特旨を以て」従五位が贈られました。小三郎も死後57年たって、ようやく明治維新の「殉難志士」の列に加えられました。

赤松小三郎墓碑

京都黒谷金戒光明寺 出典:赤松小三郎顕彰会

京都黒谷金戒光明寺に薩摩受業門生によって建てられた赤松小三郎の墓碑には小三郎を讃え、死を悼む文言が刻まれています。しかし、事実とは異なることも記されています。

赤松小三郎墓の碑文

赤松小三郎 墓
先生姓源諱某赤松氏稱小三郎信濃上田人
也年甫十八慨然志於西洋之學受業同國佐
久間修理及幕府人勝麟太郞東自江戸西至
長崎遊方有年多所發明後益察時勢之緩急
専務英學於其銃隊之法也尤精嘗譯英國歩
兵練法以公于世會我邦兵法採用英式旦夕
講習及聘致先生於京邸取其書更使校之原
本而肆業焉今歳之春   中将公在京師也
召見賜物先生感喜益盡精力而重訂書成十
巻上之   公深嘉稱速命剞劂将以有用於
天下國家也蓋先生平素之功於是乎爲不朽
可不謂懿哉不幸終遭緑林之害而死年三十
有七實慶應三年丁卯秋九月三日也受業門
人驚慟之餘胥議而建墓於洛東黒谷之塋且
記其梗槩以表追哀之
意云爾
            薩摩受業門生謹誌

赤松小三郎墓の碑文の訳文

赤松小三郎 墓

先生の姓は源、諱は某、赤松氏小三郎という。信濃上田の人である。

十八歳の初め、意を決し西洋の学問を志した。同国佐久間修理や幕臣の勝麟太郎に学び、東は江戸から西は長崎まで数年いろいろな所で学び益々世の緩急を察した。

もっぱら英学に努め、特に翻訳した英国歩兵練法に詳しく、それを世に発表した。薩摩藩は英国式の兵法を採用し、朝夕先生を京邸に招き、先生はその本で教えた。更に本を改訂して 出版することにした。

今年の春、中将公は京都におられ、先生を招いて褒美を賜った。先生は喜び精励し、重訂本十巻を中将公に献上した。中将公大変喜び天下国家に役立つので直ぐに出版を命じた。先生の日頃の功績はこれにより不朽のものとなった。

不幸にも緑林の害に遭って亡くなった。三十七歳。慶応三年九月三日である。教えを受けた門人らは驚き、皆で協議して京都東の黒谷の墓地に墓を建て、そのあらましを書いて悲しみの気持ちを表す。

  以上。

 薩摩授業門人謹んで記す。

現在、分かっている碑面の誤り又は、事実と違う箇所は以下の4つです。

1.「諱は某」
赤松小三郎の諱(いみな)は友裕及び惟敬で、惟敬は多く使われていて、周知の事実でした。

2.「佐久間修理に学び」
赤松小三郎と佐久間修理(象山)の両者に師弟関係はありませんでした。

3.「重訂本十巻を中将公に献上した」
重訂本は、十巻ではなく九巻です。中将公は島津久光。

4.「緑林の害に遭って亡くなった」
緑林の害に遭ったのではなく、門人の薩摩藩士桐野利秋等に暗殺されました。
緑林とは中国新時代に緑林という山に盗賊が籠ったことから盗賊のことです。

赤松小三郎記念碑

赤松小三郎記念碑 「赤松小三郎記念碑」 出典:赤松小三郎顕彰会

 薩摩受業門生によって京都黒谷金戒光明寺に建てられた墓石は、風化による表面の剥離崩壊が激しいため、上田市の篤志家によって新しく建て替えられま した。
 古い墓碑は赤松小三郎記念碑として平成23年12月に上田市へ移され、赤松小三郎記念館で保存、展示されています。

上田城跡公園「赤松小三郎君之碑」

赤松小三郎君之碑(左…おもて面、右…うら面)

上田城跡公園お堀の北側、北虎口道端に巨大な記念碑があります。昭和17年6月7日に除幕式が行われました。日露戦争でロシアのバルチック艦隊を日本海海戦で破った日本連合艦隊司令長官東郷平八郎元帥が揮毫した記念碑です。東郷平八郎は赤松小三郎の教え子でした。
碑の裏面に615文字を用いて赤松小三郎の略伝が書かれています。文中には赤松小三郎について現在分かっている事実と違っている個所が複数あります。

[碑面]

贈従五位 赤松小三郎君之碑
元帥伯爵 東郷平八郎 書

 

[裏面の訳文]

赤松小三郎先生略伝

先生諱は友裕又惟敬。
上田藩士芦田勘兵衛二男。
天保二年四月四日生まれ、幼名は清次郎。
同藩赤松弘の養嗣子となり、名を小三郎と改めた。

十八歳の初め江戸に出て内田弥太郎の門に学び安政二年勝麟太郎(後の勝海舟)に従い長崎に行き海軍伝習所で蘭語、航海術、兵術を学ぶ。
文久年間佐久間象山と交友し、大変大切にされる。

元治元年外国人について騎兵術や英学を修め、慶応元年英国歩兵練法を譯述する。

翌二年京都に上り、塾を開いて兵制改革を説き、英国式兵法を講義した。
後薩摩の京邸で先生になり門下生は八百名。
桐野、篠原、野津、樺山、後の東郷元帥、上村大将等がいた。

翌三年島津公の依頼に応え英国歩兵練法を改訂し再版。
この本はわが国の兵制の基になったと云う。

この頃、内憂外患はなはだしく、先生は幕府に建白して時事を論じ、また越前公に改革の案を進言して代議政治を先唱。
また、公武合体の方策に基き、薩摩の西郷、幕府の永井等と奔走し、藩の帰藩命令を無視できず上田へ帰る準備中会津の暗殺者に遭い慶応三年(一八六七)九月三日三十七歳で死し黒谷光明寺に葬られた。
島津公は厚く弔いの真心を表し、門下生皆で相談し墓石を建てた。

明治三十九年五月東郷、上村両提督が信州へ旅した時一緒に月窓寺へ墓参し赤松小三郎先生の英霊を弔った。
没後五十八年先生の偉大な業績は天皇のお耳に届き大正十三年二月十一日従五位を追贈され今や大東亜戦争の勝ち戦の知らせが伝わり御稜威世界に輝くそのとき帝国軍勢の創立に寄与・貢献した先生の偉蹟を偲びご冥福を祈り碑を建て感謝追慕の念を更に新たにした。
よってここに、その事蹟の大筋を書いて世に伝えていく。

 

上田史談會撰文
昭和十七年 五月
岡崎袈裟男謹書

拡大図の見方

 当サイトは、拡大図をブラウザ上で表示し、マウス等で拡大縮小して隅々までご覧にいただけます。

 操作については、以下の一覧をご参考ください。

※タブレットでのピンチイン&ピンチアウトの操作には対応しておりません。
操作ボタンなど 操作方法 動作
PC タブレット
クリック タップ
ロングタッチ
拡大・縮小します。
クリック タップ
ロングタッチ
表示範囲を移動します。
矢印の方向が、方位を表します。
クリック タップ
ロングタッチ
画像全体を表示します。
ドラッグ スクロール 図の表示範囲を表します。

拡大図の上
クリック
ドラッグ
タップ
スクロール
図を拡大します。
図を動かします。

拡大図閲覧でのエラー表示

 ビューアー閲覧時に、下のような英文のエラーメッセージウィンドウが表示されることがあります。これは、インターネットの回線や閲覧端末の処理不足により画像データが取得できない、または、表示できないことを表しています。OKボタンを押していただくと、一部表示できないところがありますが、閲覧には問題はありません。引き続き拡大縮小や図の移動を行うと、再度データを取得いたします。

このページのトップへ